お役立ち

【増税対応版】明石駅周辺の格安きっぷ自販機情報

2019年11月13日

8,155 views

家族みんなで電車でお出かけ!

まさや
そんな遠出をするときにお得なのがチケットショップ・金券ショップです!

遠距離であればあるほどお得度がアップするので利用しない手はありません!

でも、ちょっとしたお得のために金券ショップに立ち寄るのは面倒だったり、早朝は営業時間外だったりしますよね。そんな時に役立つのは駅周辺に設置されている格安きっぷ自販機です!自販機なので24時間販売されていて、手間なくすぐに購入出来るのがありがたい!

今回は「明石駅」周辺の格安きっぷ自販機情報です!

このページでは明石駅周辺の格安きっぷ自販機情報をまとめています!
※掲載している料金等は写真撮影時(2019年10月頃)のものです。価格などが変更されている可能性がありますのでご注意ください。

明石駅の格安きっぷ自販機・金券ショップ

甲南チケット 山陽明石駅店

山陽電車の改札の隣にある金券ショップ。自販機は設置されていない。

甲南チケット 山陽明石駅店
住所:明石市大明石町1-4-1
営業時間(平日):10:00~19:00
営業時間(日祝): 9:45~18:45
公式サイト

keiチケット 明石店

パピオスあかし1階にある金券ショップ。店舗裏に24時間営業の格安きっぷ自販機あり。

https://akashi-journal.com/openclose/kei-ticket/

keiチケット
住所:明石市大明石町1丁目6-1 パピオスあかし1F

主な価格設定

  • 明石-三ノ宮(片道)380円(-20円)
  • 明石-三ノ宮(往復)760円(-40円)
  • 明石-大阪(片道)660円(-280円)
  • 明石-大阪(往復)1,320円(-560円)
  • 明石-加古川(片道)310円(-20円)
  • 明石-姫路(片道)620円(-60円)
  • 明石-姫路(往復)1240円(-120円)

※2019年10月10日時点

アイビズチケット明石

明石駅西口交差点近く「ラ・メール」1Fにある金券ショップ。北側に格安きっぷ自販機あり。

アイビズチケット明石店
住所:明石市大明石町1-6-22
営業時間:9:30~19:00
公式サイト

主な価格設定

  • 明石-三ノ宮(片道)380円(-20円)
  • 明石-三ノ宮(往復)760円(-40円)
  • 明石-大阪(片道)670円(-270円)
  • 明石-大阪(往復)1,340円(-540円)
  • 明石-加古川(府服)620円(-40円)
  • 明石-姫路(片道)630円(-50円)
  • 明石-姫路(往復)1260円(-100円)

※2019年10月10日時点

甲南チケット アスピア明石店

アスピア明石1Fにある金券ショップ。格安チケット自動販売機の設置もあるが館内のため24時間ではない。

甲南チケット アスピア明石店
住所:明石市東仲ノ町6-6-1 アスピア明石北館1F
営業時間:10:00~19:00
公式サイト

https://akashi-journal.com/openclose/kounan-ticket-2/

主な価格設定

  • 明石-三ノ宮(片道)370円(-30円)※最安
  • 明石-三ノ宮(往復)740円(-60円)※最安
  • 明石-大阪(片道)640円(-300円)※最安
  • 明石-大阪(往復)1,280円(-600円)※最安
  • 明石-加古川(往復)600円(-60円)※最安
  • 明石-姫路(往復)1200円(-160円)※最安

※2019年10月15日時点

どこが安い?

今回調査した段階ではすべての項目でアスピア明石1階の「甲南チケット アスピア明石店」が最安値でした!ただしアスピア明石館内なので自販機の営業時間が24時間ではありません!

まとめ

以上、明石周辺の格安きっぷ自販機・金券ショップ情報でした!昼得きっぷ、増税により以前と価格が変わったりしていますが、上手に活用することで大阪往復だけでも最大600円も安くなりますね!

https://akashi-journal.com/news/hirutoku-2/

https://akashi-journal.com/useful/akashi-zouzei/

ちなみに自分で回数券を活用する場合は「明石-大阪」間の片道運賃は617円まで下げることができます!興味がある方はこちらの記事もぜひご覧ください♪

https://akashi-journal.com/useful/jr-unchin/

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人
まさや

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-お役立ち
-, , , , , , ,