「お好み焼き 偶」の運営会社が破産したみたい!店舗は継続

投稿日:   6,666 views

飲食店の「お好み焼き 偶」を運営する「ACB」と関係会社「ナインライスフィールド」が神戸地裁姫路支部から破産手続きの開始決定を受けたそうです!

飲食店「お好み焼き 偶」を展開する「ACB」(旧偶コーポレーション、兵庫県高砂市)と関係会社「ナインライスフィールド」(同市)は、神戸地裁姫路支部から破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人の弁護士事務所によると、負債総額は2社で約8億4400万円。決定は1月31日付。店舗は事業譲渡された別会社が運営を続けている。

リンク「お好み焼き 偶」運営会社が破産 店舗は継続

既存の店舗は事業譲渡された別会社が運営を続けているとのこと。明石の周辺地域では「お好み焼き 偶 大久保店」、「お好み焼き 偶 大蔵海岸店」、「お好み焼 偶 大蔵谷店」などがありましたが、現在は3店舗とも閉店となり、跡地にはそれぞれ別のお店がオープンしています。

民間調査会社帝国データバンクによると、ACBは1976年創業。播磨地域を中心に最大で39店舗を展開し、ピーク時の2012年3月期には売上高約8億円を計上した。

 急速に店舗を増やしたため人員確保が追いつかず、採算が悪化。研修センターの建設費用もかさみ、債務超過に転落していた。スポンサーの支援を得て設立した新会社「偶コーポレーション」(高砂市)に事業の大半を譲渡。ナイン社はフランチャイズ店を運営し、ACBの影響を受けた。

公式サイトお好み焼き・鉄板焼き・ファミリー居酒屋 偶

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-ニュース
-, ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.