【JR西日本】終電の前倒しが検討されてるみたい!【2021年春にも】

投稿日:   1,720 views

JR西日本が近畿エリアの在来線で午前0時以降の深夜帯ダイヤを見直し、終電を前倒しする検討を始めたそうです!

神戸新聞NEXTなどのニュースサイトで発表されていました!

JR西によると、近畿エリアの在来線では終電後の保守作業が毎日100カ所以上で行われ、約1500人が従事。土日や深夜の勤務が敬遠され、働き手が年々減少している。働き方改革関連法による時間外労働の上限規制を控え、一晩の作業量を増やすことで、作業日数の削減を見込む。

現行の平日ダイヤで午前0時台発の列車は三ノ宮駅で14本、大阪駅で15本。大阪駅発の終電を午前0時に繰り上げた場合、全体で年間の作業日数が約1割減るという。

見直しの背景には、利用客側の働き方改革もある。三ノ宮駅で午前0時台の18年度利用者数(平日平均)は約1980人で、13年度に比べて19%減るなど、深夜帯利用客は減少している。

リンクJR西、近畿エリアで終電前倒し検討 21年春にも

JR西明石駅の平日ダイヤで見てみると0時以降は大阪方面行きが1本、姫路方面行きが6本ありますね。

まさや
私も年々夜ふかしができなくなってきて22時頃には瞼が重く・・・
こまさん
それは年齢的なアレ!

関連しそうな記事

JRの運賃について調べた記事はこちら!

関連リンク
JRで明石から大阪は617円で行ける!【乗車券分割購入で安くなる理由】
増税後の価格(2019年10月から) 明石-大阪 明石-大阪:940円 明石-神戸-大阪 明石-神戸:310円 神戸-大阪:410円 合計:720円 【回数券

2018年で「昼間特割きっぷ」が終了し「ICOCAポイントサービス」が始まりました!

関連リンク
JR西日本の「昼間特割きっぷ」が9月30日で販売終了!10月からはICOCAポイントサービスがスタート
高い割引率で人気だったJR西日本の回数券「昼間特割きっぷ」の販売が2018年9月30日(日)をもって終了となります! 発売終了のお知らせ 「昼間特割きっぷ」は、201

JR西日本の乗車人員ランキングで「明石」が結構上位だった件!

関連リンク
JR西日本の乗車人員ランキングで「明石」が結構上位だった件!
趣味の(ネット)サーフィンをしていたらJR西日本の「なんでもランキング」というページを発見したので明石の情報を探していくよ! JR西日本エリアで“一番利用者が多い駅”はどこの

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-ニュース
-, , , ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2020 All Rights Reserved.