【丹波黒豆】明石SA売店で「丹波物産展」が10月12日~14日開催!

投稿日:2019年10月10日 更新日:   1,099 views

第二神明道路の「明石サービスエリア」売店で「丹波物産展」が2019年10月12日(土)~14日(月・祝)の3日間開催されます!

丹波篠山といえば黒豆!写真にあるように黒豆関係のスイーツやお茶などが集まるイベントですが、「丹波市産黒大豆枝豆」の数量限定販売もあります!

こまさん
貴重な黒枝豆が地元で手に入る!

そういえば今年も10月5日(土)に解禁ニュースが出ていましたね!

全国のファンが待ち望む秋の味覚「丹波篠山黒枝豆」の販売が5日、兵庫県丹波篠山市内で解禁された。一般的な枝豆に比べて大粒で、香ばしい風味とほのかな甘みが特徴。今年5月、丹波篠山市に改名され初めての解禁となり、朝から各地に登場した販売所や収穫体験コーナーに、観光客らが列を作った。

おせち料理の黒豆に使われる高級品種「丹波黒」を成熟前の10月に収穫し、枝豆として味わう秋の風物詩。他産地やわせ種と区別するため、同市は2006年から販売解禁や登録証を設けてPRしている。収穫時期は2~3週間。

リンク高級品種「丹波黒」を枝豆で 「丹波篠山黒枝豆」解禁に列(神戸新聞NEXT)

兵庫県の特産物「丹波黒」についてはこちら!

正月のおせち料理に欠かせない食材として、抜群の知名度を誇る「丹波黒(たんばぐろ)」。
古くから丹波地域で栽培され、幕府や宮中へ献上されたほか、年貢を黒豆で納めた記録が残っています。現在では兵庫県を中心に、西日本各地で生産されています。

公式サイト兵庫の丹波黒(大豆)

「明石サービスエリア」はウェルカムゲートから徒歩で入ることができるサービスエリアです!詳細は以下の記事もどうぞ!

関連リンク
【こま散歩】「石ヶ谷公園」から「明石SA」に徒歩で行ってみた!
「またか」と思った皆様こんにちは!!こまさんがおもむろにどっかに行く曖昧極まりないコーナー【こま散歩】だよ! 早くも第3回!ジャンプとかならセンターカラーですね!こま散歩!登場人物
丹波物産展(明石SA)

※ 掲載内容は時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

開催日
2019年10月12日(土)~14日(月・祝)
住所
〒674-0053
明石市大久保松陰1126-50

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-イベント
-, , , , ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.