神戸児童連続殺傷事件「加害者手記」明石市が販売自粛呼びかけ

まち

この記事は約2分で読めます。 あとで読む

1997年に神戸連続殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)を起こした「元少年A」(32)による手記「絶歌」が出版されてから約1週間が経ちました。

2015 年6月11日の発売以降、全国の書店や通販サイトでは「品切れ」が相次ぎ、トーハンと日版の週間ベストセラーランキングではそれぞれ初登場1位となりました。出版元 の「太田出版」は初版10万部に引き続き5万部の増刷を決め、25日から順次配本するそうです。

同本の販売を巡っては書店によって対応にばらつきが出ているようです。
例えば、神戸市に本社があり、「喜久屋書店」を展開するキクヤ図書販売も6月12日に全33店舗から手記を撤去したとのこと。

泉市長は、憲法が定める出版の自由に抵触する可能性について「悩ましいテーマだが、今回の手記出版自体が遺族の同意無くされ、許されざる行為。遺族の要請もあり、個別具体的ケースとして条例に基づき行政として対応した」と話したそうです。同条例では、二次的被害を生じさせないための市民の努力義務が定められている。これに基づき、市は22日以降、市内の書店約10店舗に要請文を送り、市のホームページや広報紙を通じ住民に呼び掛けるとのこと。

また、明石市立図書館は、手記の購入が遺族らの精神的苦痛につながるとして、手記を購入しないそうです。

それから、兵庫県立図書館では被害者遺族の人権や心情に配慮し、貸し出しを制限する方針。
神戸新聞などによると、同図書館では開架はせずカウンターで管理 し、研究目的などの場合に限り館内限定で閲覧を認  めるというものだそうで、購入は1部のみ。複写も認めない方針。
神戸市立中央図書館は近く対応を決める予定だそうです。

連続児童殺傷手記「絶歌」 明石市長「書店売らないで」(神戸新聞NEXT)

執筆者:まさや

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.