まち

JR大久保駅南側の「JT工場跡地」一部は民間に売却へ!

2017年12月22日

JR大久保駅南側の日本たばこ産業(JT)工場跡地は明石市が取得後に一部を民間売却する方針を決めたそうです!

jt

同工場跡地は5・8ヘクタール。たばこの自動販売機を開発、製造する特機事業部があったが、2015年3月に閉鎖された。市道となっている部分を除き、取得額の1平方メートル当たりの単価は約6万4千円。市によると、周辺地域の取引事例や路線価などから、住宅用地に変更した場合、1平方メートル当たり10万円以上での売却が見込めるという。

[sc name="link" ]JT工場跡地の一部を民間に売却へ 明石市が方針(神戸新聞NEXT)

公共施設を整備する一部を除き、民間売却を行うが、面積などは未定。既に業者に購入の意欲や開発内容を尋ねるヒアリングを実施している。来年1月、住民説明会を開いた後、土地の用途変更を審議する「都市計画審議会」に諮り、6月ごろに変更が認められる見込み。

先日、JR西明石駅前が明石市役所移転候補地から除外されたニュースが有りましたが、JT跡地はまだ市役所移転の候補地として残っていますね!

https://akashi-journal.com/city/siyakusho-iten/

ちなみに、このJTの跡地はJR大久保駅の南約200メートル、イオン明石ショッピングセンターの向かいに位置し、約5.8ヘクタールの面積があります。明石公園が約54.8ヘクタールなのでJT跡地の面積は「約0.1明石公園(単位)」なのです!

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-まち
-, , , , ,