JR西明石駅に「セキュリティカメラ」が設置されたみたい!酔客の蛇行などを自動検知

まち 2017/03/26

この記事は約2分で読めます。 まさや

JR西明石駅のホームに酔客の蛇行などを自動検知する「遠隔セキュリティカメラ」が導入されたそうです!

神戸新聞で発表されていました。西明石駅は普通電車の終点となるので、酔っ払って乗り過ごして来てしまう乗客が多いですもんね!

カメラは、著しい蛇行▽ホーム端から線路内への侵入▽長時間のベンチでの座り込み-などを画像解析装置で自動的に検知し、専門部署の係員に知らせる。係員が危険と判断した場合は駅に連絡し、駅員が対応する。また、カメラは不審物の置き去りにも対応しており、テロ対策にも役立てるという。

 先行して設置された三ノ宮など3駅での検知件数は1日当たり200~250回。駅員が実際に対応するのは5~6日に1件程度で、長時間ホームのベンチで寝ていた人に声掛けなどをしたという。

リンク酔客の蛇行など自動検知 JR西明石駅にカメラ(神戸新聞NEXT)

駅員さんが実際に対応が必要なケースは5~6日に1件程度のようです。多いのか少ないのか・・・?

ちなみに、こちらのニュースサイトの情報によると、西明石駅には2017年3月23日(木)に導入されたようです。

現在は大阪環状線京橋駅・新今宮駅とJR神戸線(東海道本線)三ノ宮駅で運用されており、実際に効果を発揮していることから拡大を決めた。西明石駅(在来線)は3月23日、天王寺駅(阪和線ホーム除く)は4月14日、鶴橋駅は4月28日に遠隔セキュリティカメラが導入される。

リンクJR西日本、遠隔セキュリティカメラ運用拡大 - 西明石駅・天王寺駅などにも(マイナビニュース)

このカメラ導入によってホームでの事故が減ると良いですね!

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.