まち

パピオスあかしの6色レインボー「明石にじいろ階段」が常設になったみたい!

明石駅前の商業施設「パピオスあかし」の正面階段が6色レインボーになった「明石にじいろ階段」が常設になったそうです!

2021年11月20日(土)から始まっている「明石にじいろキャンペーン(第2弾)」によるもので、キャンペーン期間は12月27日(月)までとされていますが、「明石にじいろ階段」は常設化されるとのことです。期間中に開催されるキャンペーン内容は以下の通り!

① ひろげよう!ソジトモの輪っ!
② パピオスあかしの6色レインボー「明石にじいろ階段」を常設化
③ 明石ポン太をレインボーたすきでデコレーション
④ 明石駅前広場にキャンペーンフラッグと横断幕を掲示
⑤ 明石市立図書館とのコラボ企画(パネルやポスターの掲示、関連図書コーナーの設置)
⑥ 12/2 ヒューマンフェスタ
⑦ 出張ソジトモ講座(12/4あかし市民図書館、12/11西部図書館)
⑧ イオン明石とのコラボ企画(大型レインボーフラッグの掲出、ソジ・クエスト、ソジトモの輪出張所) 
⑨ 12/18 市民セミナー「YouTuberかずえちゃんにきく ~LGBTQ+のこと~」(外部サイトへリンク)
⑩ 12/19 映画『弟の夫』上映会(西部図書館)
※くわしいキャンペーン内容は順次掲載していきます。

LGBTQ+フレンドリープロジェクト(明石市)

「明石にじいろキャンペーン」は「LGBTQ+フレンドリープロジェクト」の一環で開催されているもので、「LGBTQ+」とは性の多様性(SOGIE)において数が少ない人である「性的マイノリティ」の総称の一つで、下記の言葉の頭文字が取られています

  • Lesbian(レズビアン)
  • Gay(ゲイ)
  • Bisexual(バイセクシュアル)
  • Transgender(トランスジェンダー)
  • Questioning/Queer(クエスチョニング/クィア)

最後に「+」がついているのは、性はとても多様であり、上記以外にもたくさんの性のあり方があることから、包括的な意味を持たせるためなのだそう。「SOGIE」や 「LGBTQ+」 については明石市のHPや2021年12月号の「広報あかし」にも記載されているので、一度確認してみましょう!

広報あかし 2021年(令和3年)12月1日(明石市)
広報あかし 2021年(令和3年)12月1日(明石市)

小中学生向けに節米されたページもあるので要チェック!

明石市では2021年1月から「明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度」が導入されて以来18組の届け出があったそうです!

DATA

2021.6.21

PAPIOS AKASHI
パピオスあかし

住所:〒673-0891 明石市大明石町1丁目6-1
公式HP:https://papios.jp/
SNS:Facebook

※内容は記事作成時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合があります

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-まち
-, , , , ,