明石市がふるさと納税の返礼品を2018年7月から大幅増!

投稿日:2018年6月21日 更新日:   3,113 views

明石市がふるさと納税の返礼品を刷新!135品に大幅拡大されることが発表されました!

2018年6月19日(火)の市議会一般質問で明らかにされたようで、神戸新聞NEXTで紹介されています!

地場産品で挽回しタイ--。兵庫県明石市は、低迷するふるさと納税の巻き返しを図るため、返礼品を7月から刷新する。これまでは1種類しかなかったが、135品に大幅拡大。タイやタコなどの定番だけでなく、マリンスポーツなどの体験型商品も加え、本年度の黒字化を目指す。

明石市のふるさと納税は前回2016年6月にリニューアルされ、明石らしさがいっぱい詰まった本物の“たこつぼ”に入った「あかし玉手箱」が用意されていましたが、他市町への寄付額が多く「赤字」となっていたようです。

関連リンク
明石焼年間パスが当たる!?明石のふるさと納税がリニューアル!
2016年6月から、明石市の「ふるさと納税」が新しくなりました!使い道を選べる8つのプランや、お返しとして明石らしさがいっぱい詰まった本物の“たこつぼ”に入った「あかし玉手箱」を用

2016年度が452件647万3千円、17年度が170件538万4290円と低迷。一方で、明石市民の他市町への寄付額は16年度に約5億2千万円となり、市税への影響額は約2億4千万円になった。国から減収の一部が穴埋めされても、約5400万円の「赤字」となっている。

リンクふるさと納税低迷脱却へ 明石市が返礼品を大幅増(神戸新聞NEXT)

2018年7月から刷新とのことなので、そろそろ明石市のHPで発表されるでしょうか・・・高額品路線なのかなと思いきや、地元の漁協や農協、商店、製造業など幅広い分野で「地元らしい品目」を選定されたようなので楽しみですね!

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者件雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-まち
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.