明石の産廃施設で1千万円が入ったカバンが見つかったみたい!

投稿日:2015年4月2日 更新日:

兵庫県警明石署は1日、明石市内の産業廃棄物集積施設から現金約1千万円が入ったかばんが見つかったと発表した。

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu

兵庫県警明石署によると、現金入りのかばんは3月18日午後2時すぎ、集積施設の従業員が屋外で廃棄物を仕分けしている最中に見つけ、同施設の運営会社社長が同署に届けたそう。
発見した従業員の方、ネコババしなかったんですね( ゚ ρ ゚ )

スポンサーリンク

1000万が見つかった集積施設は兵庫県内や大阪府などから建築廃材やプラスチックごみなどを受け入れており、かばんが搬入された時期や経緯は不明とのこと。
この1000万円の持ち主が見つからない場合は、3カ月の保管期限を過ぎると全額が同社に渡されるそうです。

あんまり綺麗なお金じゃなさそうな感じはひしひしと伝わってきますが、うちに捨ててくれればよかったのに(´・ω・`)
続報が気になるリュースではありますね。

▶ ゴミの中から1千万円 兵庫・明石の産廃施設 (Yahoo!ニュース)

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まさや

まさや

明石じゃーなるの運営者件雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-まち
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2018 All Rights Reserved.