開店・閉店

明石ビブレの「ミカヅキモモコ」が閉店!運営会社が自己破産へ

300円均一の「ミカヅキモモコ」を運営する株式会社三日月百子が2021年2月8日(月)に事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任したそうです!

明石ビブレにあった「ミカヅキモモコ 明石ビブレ店」も2月8日(月)をもって閉店となっていました

2月10日(水)になって、公式HPにも閉店に関するお知らせが掲載されています

すでに報道もされているところではございますが、ミカヅキモモコの全店舗は、2月8日をもって閉店することになりました。

ミカヅキモモコの店舗では、良いもの、掘り出し物を300円均一でご提供し、お客様に喜んでいただけるよう努めてまいりましたが、昨年来のコロナ禍の影響を受け、収益が大幅に悪化したことにより、このような事態に至りました。

突然のお知らせとなり、ミカヅキモモコの店舗や商品をご愛顧いただいたお客様には、大変申し訳なく思っております。

なお、一部店舗につきましては、スポンサーのご協力の下、再オープンに向けて関係各所と調整中です。具体的な内容が決まりましたら、またお知らせいたします。

今までのご愛顧、誠にありがとうございました。

[sc name="official-link" ]お知らせ(ミカヅキモモコ)

もともと収益が低下していた上に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛、商業施設の営業休止などの影響で売上が急減していたとのこと

100円均一ショップを含めた同業他店との競合から売り上げが頭打ちとなっていたうえ、収益も低下。不採算店舗を閉鎖する一方、同数程度の新規出店で業容を保っていたものの、そうした出店に伴い調達した借入金が重荷になり、2020年に入り取引金融機関に対して返済のリスケジュールを要請していた。その後はさらに新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や、大都市圏における商業施設の営業休止などの影響で売上高が急減。緊急融資を受けるなどでしのいでいたものの、売り上げ回復の見通しが立たなくなり、順次店舗を閉鎖していた。

[sc name="link" ]300円均一の雑貨店「ミカヅキモモコ」の運営会社、新型コロナの影響受け自己破産へ(Yahoo!ニュース)

一部店舗はアパレル企業の在庫処分などを手掛ける「shoichi」に事業譲渡され、店舗名は引き継いで運営されるそうです

[sc name="link" ]「ミカヅキモモコ」事業譲受に関するお知らせ よりサスティナブルな企業に

過去には「エビスタ西宮店」、「ららぽーと甲子園店」、「ニッケレポス加古川店」、「ブルメールHAT神戸店」などがありましたが現在は閉店しており。大久保IC近くのカナート西神戸店内にあった「ミカヅキモモコ イズミヤ西神戸店」も2020年2月24日(火)をもって閉店。兵庫県内の店舗は「明石ビブレ店」のみとなっていました

https://akashi-journal.com/openclose/momoko-izumiya-close/

明石周辺の300円均一の情報はこちら!

https://akashi-journal.com/matome/300yen/

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人
blank

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-開店・閉店