明石駅前再開発施設名称が「PAPIOS AKASHI(パピオス明石)」に決定!

ニュース

この記事は約2分で読めます。 あとで読む

明石駅前南地区市街地再開発組合は2016年3月8日に同地区で建設が進む再開発ビル施設棟の名称を「パピオスあかし」とすることを明らかにした。
logo

神戸新聞NEXTでは「パピオスあかし」、明石駅前南地区市街地再開発組合HPでは「パピオス明石」と記載されているのですが、どちらが正式なんだろう?(;・∀・)
ちなみに公募で寄せられた2414点の中から名古屋市の男性による応募作が選ばれたとか。
明石駅前南地区市街地再開発組合

応募者のネーミングに対する意図は・・・

再開発ビルは市民の憩いのオアシス・殿堂となり、明石市の新しい文化を創造する広場になるようにとの願いを込めて、

『パ』:殿堂のパレス

『ピ』:広場を意味するイタリア語のピアッツア

『オス』:推進するの意味のオス(押す)とオアシス

という意味が込められているそうです。

ロゴは太いラインの直線と曲線で構成し、施設の存在感と堂々としたイメージを表現しており、青色と緑色の配色は明石の海と明石の自然(大地)を表現しているそうです。

まだなんとなくしっくり来てない私ですが、そのうち慣れるのかなぁと思ったり?
名称も決まって完成がさらに待ち遠しくなってきましたね♪

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

執筆者:まさや

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.