【明石市立天文科学館】プラネタリウムのオーバーホールが延期に!ドイツ人技師が入国できないため

投稿日:   1,045 views

明石市立天文科学館では2021年1月~2月にかけてプラネタリウムのオーバーホールが予定されていましたが、カールツァイス社のドイツ人技師が入国できないため延期となるそうです!

公式サイト新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について(外務省)

予定されていたオーバーホールの時期の2021年1月19日~2月19日の部分休館(プラネタリウム休止)については予定を変更し、通常開館となるとのことです

おしらせ)2021年1月~2月にかけてプラネタリウムのオーバーホールを予定しておりましたが、昨年末、国より新たな水際対策措置が決定され、ドイツ人技師が入国できないこととなりました。事態を受けまして、プラネタリウムのオーバーホールを来年度に延期します。実施時期については未定です。
また、オーバーホールの時期の2021年1月19日~2月19日の部分休館(プラネタリウム休止)については予定を変更し、通常開館といたします。そのほかの行事予定に変更はありません。

公式サイト明石市立天文科学館

明石市立天文科学館のプラネタリウムは1960 年の開館当初より稼働しており、今まで4回のオーバーホールが実施されてきました!

1960 年(昭和 35 年)6 月 10 日 - 開館・プラネタリウム稼働開始
1978 年(昭和 53 年) オーバーホール(1 回目)
1989 年(平成元年) オーバーホール(2 回目)
2002 年(平成 14 年) オーバーホール(3 回目)
2010 年(平成 22 年) オーバーホール(4 回目)

公式サイトプラネタリウム・オーバーホールの延期(PDF:146KB)

明石市立天文科学館

※ 掲載内容は時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

住所
〒673-0877
明石市人丸町2-6
関連リンク
公式サイト

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-ニュース
-, ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2021 All Rights Reserved.