【明石異臭騒ぎ】まかれたのは数年経った“尿”だった模様・・・!

投稿日:   13,600 views

2019年10月26日(土)に明石市東仲ノ町の商業施設「アスピア明石」周辺の道路であった異臭騒ぎの原因が、数年経った尿だったようです・・・!

写真はイメージです

事件当初の記事はこちら!

関連リンク
植え込みから毒物検出!明石駅前で異臭騒ぎがあったみたい!
https://akashi-journal.com/news/nasty-smell-2/ 2019年10月26日(土)に明石市東仲ノ町の商業施設「アスピア明石」周辺の道路

逮捕された男性は「数年前から自宅トイレが使えず、ペットボトルにためていた」と話しているそう・・・。

10月26日午後、通行人の通報で駆けつけた県警明石署員が、同駅前の歩道脇の植え込みで液体を確認。県警の鑑定で、尿と判明した。男は「数年前から自宅トイレが使えず、ペットボトルにためていた」と話しているという。

リンク10月に明石駅前で起きた異臭騒ぎ 自宅トイレ使えずためていた尿まいた男(ライブドアニュース)

JR明石駅前で10月26日昼、「強烈なアンモニア臭がする」との通報で消防車が出動した異臭騒ぎで、現場に残された液体を兵庫県警明石署などが詳しく調べた結果、当初の簡易鑑定で判明した毒性のある物質は検出されず、「人の尿のような成分」が検出されたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、明石署に器物損壊の疑いで逮捕されたアルバイトの男(42)=明石市=が「自分のおしっこをまいた」と供述しているという。まかれた尿は少なくとも数年たっているとみられる。明石署は同容疑で送検する方針。

リンク「自分のおしっこまいた」明石の異臭騒ぎ、強烈な刺激臭は数年たった尿か(Yahoo!ニュース)

犯人は10月29日(火)に器物損壊容疑で逮捕されており、当初「栄養になると思い、肥料としてまいた」「5年以上前に母親からもらい、捨てるのがもったいなかった」などと供述していました。

同署によると、同容疑者は液体について「5年以上前に母親から肥料としてもらった」としており、透明のペットボトルに入ったまま保管していたという。同容疑者は「捨てるのがもったいなかった」として、自宅から約400メートルの現場付近に液体をまき「まくときに臭いのは分かった」と話しているという。

リンクJR明石駅前の異臭騒ぎ、男逮捕「栄養になると思いまいた」(Yahoo!ニュース)

いわゆる“ペトション”というやつでしょうか・・・アンモニアと聞いてまず思い浮かぶのは尿ですが、本当に尿だったとは・・・!

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-ニュース
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.