今年も微妙!?イカナゴ親魚が過去最少で厳しい恐れ!

投稿日:   5,216 views

兵庫県立水産技術センターが今春、瀬戸内海で行われるイカナゴのシンコ(稚魚)漁に向けた親魚の産卵調査結果を公表しましたが、親魚の数は1986年の調査開始以来最少で、推定総産卵量は平年の1割弱との発表でした・・・!

2017年・2018年とあまり食べることができなかったので、今年こそはと思っていたのですが・・・!

昨年12月3日~今年1月4日、イカナゴが産卵する播磨灘北東部で調査。親魚の数は7回採集した平均が4・9尾と、前年の11・4尾、過去最少だった前々年の10・5尾を下回った。ただ、産卵数の多い生後2年以上の割合が高く、推定総産卵量は前年と同水準を保ち、平年の9・4%だった。

 同センターは今後、1月下旬に播磨灘や大阪湾などで稚魚の状況も調査。分析した上で2月中旬に、今年の漁況予報を出す。その後、兵庫、大阪両府県の漁業者らが試験操業し、今年の解禁日などを決める。

リンクイカナゴ親魚が過去最少、平年の1割弱 兵庫県が調査「今春も厳しい漁の恐れ」(Yahoo!ニュース)

イカナゴの解禁日などに関する情報のまとめ記事はこちら!今年もこちらのページで更新していく予定です!

関連リンク
【祝解禁・価格情報】2019年いかなご解禁日は3月5日!過去の解禁日・終了時期も【イカナゴ新仔漁】
春の風物詩とも言われる いかなご(玉筋魚)!このページでは今年のいかなご解禁日や値段の相場などに関する情報をまとめています! いかなご全国的に獲れる魚だけに呼名も色々で、稚魚

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-ニュース
-, , ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.