小惑星「シゴセンジャー」誕生!【明石市立天文科学館】

投稿日:   339 views

アメリカの国際天文学連合小惑星センターが、1990年に発見された小惑星の名を、明石市立天文科学館のオリジナルキャラクターにちなんで「Shigosenger(シゴセンジャー)」と名付けたと発表されました!

発見したのは、200以上の星を見つけている高知市在住のアマチュア天文家関勉さん(87)。友人の同館元館長、河野健三さんらに依頼され昨年秋、同連合に申請していた。

「Shigosenger」は火星と木星の間に位置し、直径約7キロ。神戸大惑星科学研究センター特命助教の臼井文彦さんによると、水や有機物を含むとされるC型小惑星の可能性が高いという。地球から約7億キロ(2018年7月時点)離れ、大望遠鏡に取り付けた専用のカメラなら撮影できるという。

リンク小惑星に命名「シゴセンジャー」“子午線のまち”明石の天文科学館キャラの名にちなみ(ヤフーニュース)

明石を代表するご当地(ローカル)ヒーローの「軌道星隊シゴセンジャー」についてはこちら!

関連リンク
明石市立天文科学館の「シゴセンジャー」登場予定!【キッズプラネタリウム】
明石市立天文科学館に時々登場する「軌道星隊シゴセンジャー」の登場予定情報です! 基本的にシゴセンジャーは、皐月(さつき)場所や、夏場所、秋場所、冬場所、春場所などのイベント開

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者件雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-ニュース
-, ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.