イベント

天文科学館より「部分日食 生中継」が6月21日開催!

2020年6月21日(日)に「明石市立天文科学館」より「部分日食 生中継」が開催されます!

イメージです!

明石での日食の時間は16:05~18:07頃とされており、最も大きく欠ける「食の最大」は17:10です!

欠け始めから、終わりまでを見ることができる、観測条件の良い部分日食です。 明石での食分は0.544。太陽直径の5割以上が欠けて見えます。
日食が始まるのは夕方、16時5分です。最も大きく欠ける「食の最大」は17時10分。そして、日食が終わるのは、18時7分です。
この部分日食を見逃してしまうと、次に明石で部分日食が見られるのは、2030年になってしまいます。

※6月21日は、日本では部分日食が見られますが、この時、アフリカ中央部やアジア中東、インド北部や中国、台湾などでは、金環日食となります。

[sc name="official-link" ]時の記念日オンライン・イベント

国立天文台の予報ではこんな感じ!

6月21日の夕方、日本全国で部分日食が起こります。アフリカからアジアにかけて一部の地域では金環食が起こりますが、日本では部分食となります。

日食とは、月が太陽の前を横切るため、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。そのため、肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。太陽が欠けていても、また、地平線に近づいて光が穏やかになったように感じても、光と熱が強烈であることには変わりません。安全な方法で観察しなければ、最悪の場合は失明する危険性があります。日食グラスなど専用の観察器具を正しく使って、安全な方法で観察してください。

前回日本で日食が起こったのは2019年12月26日でした。このときはアジアの一部地域で金環食となり、日本では部分食が起こりました。次に日本で日食が起こるのは2023年4月20日で、このときオセアニアなどの一部地域では皆既食が、日本では一部地域で部分食が起こります。また、次に日本全国で部分食が起こるのは2030年6月1日です。このときは北海道の大部分で金環食となります。

今回以外の日食の詳しい状況は、国立天文台暦計算室の「日食各地予報」をご覧ください。

[sc name="official-link" ]日本全国で部分日食(2020年6月)

肉眼で太陽を見たり、望遠鏡、サングラスなども危険です!観測の際は市販されている“日食メガネ”を利用するようにしましょう!

 
部分日食 生中継

※ 掲載内容は時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

開催日
2020年6月21日(日)
開催時間
16:00~
料金
無料
住所
〒673-0877
明石市人丸町2-6
関連リンク
公式サイト

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人
blank

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-イベント
-, , , , , ,