まち

江井ヶ島の「明石市立少年自然の家」が2021年度末で廃止される見通し!

大久保町江井島にある「明石市立少年自然の家」が2021年度末で廃止される見通しになったそうです!

神戸新聞NEXTに掲載されており、建物の老朽家で大規模改修が必要になるが、赤字が続いていたとのこと。

明石市立少年自然の家(兵庫県明石市大久保町江井島)が2021年度末で廃止される見通しになった。建物の老朽化で今後、大規模改修が必要になるが、維持費が収入を大きく上回る赤字が続いていた。市は21年3月議会に施設を廃止する条例案を提出する予定。

2018年度は宿泊施設の稼働率が約17%と、かなり低迷していたそう。

市教委によると、宿泊施設の稼働率は18年度には約17%と低迷。使用料収入も年間約590~720万円で推移し、指定管理費約8千万円をまかなえない状況が続いている。

[sc name="link" ]明石市立少年自然の家を廃止の方針 21年度末(神戸新聞NEXT)

「明石市立少年自然の家」のHPはこちら!

[sc name="official-link" ]明石市立少年自然の家

また、明石公園内にあった兵庫県高等学校野外活動センター「あさぎり寮」は平成25年3月末をもって閉館となりました。

[sc name="official-link" ]兵庫県高等学校野外活動センター「あさぎり寮」

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-まち
-,