まち

明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度の事前受付が1月4日スタート!

2021年1月4日

1,002 PV

明石市で2021年1月8日(金)からスタートする「明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度」の事前受付が1月4日(月)からスタートします!

各種届出書などのデータは2020年12月25日(金)から公式HPで公開されています。どれくらいの申込みがあるのか気になりますね!

明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度では互いを人生のパートナーとして尊重し、継続的に協力し合う「パートナーシップ関係」であることを表明した2者が市に届出をすることで以下のような効果が発生します。「パートナーシップ制度」は、5年前に東京・渋谷区で導入されて以降、全国に広がっていますが、ともに暮らす子どもを含めた家族関係を証明する「ファミリーシップ制度」は明石市が全国で初めてとなるそう。詳細は明石市の公式ページを要チェック!

制度の導入と合わせて、市が様々な関係機関へのはたらきかけや調整を実施することにより、以下の効果が発生します。
(1) 医療機関で家族として対応
 パートナーや子どもの病状説明や入退院の手続き等の際、家族としての対応が可能です。
(2) 市営住宅に家族で入居可
 パートナーや子どもも含めて、家族として入居手続きをし、一緒に入居できます。
(3) 市営墓園の使用・承継
 パートナーを一緒の墓地に埋葬できるほか、墓地の使用権をパートナーに承継できます。
(4) 犯罪被害者等遺族支援金等の給付
 パートナーも犯罪被害者等遺族支援金や特例給付金等の支給対象となります。
(5) 住民票の続柄を「縁故者」に変更可
 これまで「同居人」という続柄しか選択できなかったパートナーが「縁故者」を選択できます。

上記のほか、子育て支援センター等の利用や里親制度(養育里親)の利用は、制度利用の有無に関わらず、可能。
また、明石市職員の結婚祝金の支給や結婚休暇等の取得についても、2021年4月以降適用予定で調整中。

[sc name="official-link" ]明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度

-まち
-, , , ,