明石公園の旧図書館を郷土史施設に!明石市が議案提出へ

まち

この記事は約2分で読めます。 まさや

明石公園にある旧・明石市立図書館が、郷土史をテーマとする施設として今夏にも復活するそうです!

神戸新聞NEXTで紹介されていました。

明石駅前再開発ビル(兵庫県明石市大明石町1)に「あかし市民図書館」として移転し、休館となった旧明石市立図書館(明石公園)が、郷土史をテーマとする施設として今夏にも再開することが4日、市への取材で分かった。市制100年と明石城築城400年が重なる2019年に向け、地域の歴史をアピールするが、耐震性の問題などから、最大で21年ごろまで数年間の“限定復活”となる見込み。

リンク旧図書館を郷土史施設に 明石市が議案提出へ(神戸新聞NEXT)

市制100年と明石城築城400年が重なる2019年に向け、地域の歴史をアピールするようですが、耐震性の問題などから長くても2021年頃までの限定復活となる見込みだそう。その後は改修されるのか、建て替えになるのか・・・?

ちなみに、お隣の兵庫県立図書館も耐震補強及び老朽改修のため約1年の改修工事中ですね!

関連リンク
兵庫県立図書館が改修工事のため休館。9月からは仮設図書館へ
明石公園にある「兵庫県立図書館」が耐震補強及び老朽改修のため約1年間にわたり工事を行うことになったそうです!工事期間中は建物が使えなくなるため、仮設の図書館を平成28年9月1日(木

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.