明石市の中学給食が来年度から無償化するみたい!【所得制限なし】

投稿日:2019年10月2日 更新日:   1,805 views

明石市が2020年4月から中学校給食を所得にかかわらず完全無償化する方針を固めたそうです!

詳細は神戸新聞NEXTから!

兵庫県明石市が来年4月から、中学校給食を所得にかかわらず完全無償化する方針を固めたことが27日、同市への取材で分かった。10月からの幼児教育・保育の無償化で、同市が独自に続ける第2子以降の保育料無償化の財政負担(年間約7億5千万円)がなくなるため、浮いた財源を活用する。明石と同じ中核市や、より人口規模が大きい政令市では全国でも例がないという。

明石市では2016年9月から大蔵・高丘・魚住の3中学校をモデル校に中学校給食を開始、2018年4月18日(水)から全13校で給食が開始しました!

関連リンク
明石市の中学校給食が4月18日から開始!
明石市では2016年9月から大蔵・高丘・魚住の3中学校をモデル校に中学校給食を開始していましたが、2018年4月18日(水)から全13校で給食が開始しました!

幼保無償化で浮く財源では小学校・中学校の両方は賄えないため、高校受験の教育費などがかさむ中学生を優先したとのこと。

明石市は18年4月から市立の全13中学校で給食を導入し、給食センターで調理している。現在の中学校の給食費は、生徒1人につき保護者が年間約5万4千円を負担(就学援助対象の世帯を除く)。市全体では計約3億5千万円で、これを市が新たに負担する。

 一方、小学校の給食費の保護者負担は、児童1人につき年間約4万8千円(同)、市全体では計約6億7千万円。幼保無償化で浮く財源(7億5千万円)で小中の両方は賄えないため、高校受験の教育費などがかさむ中学生を優先した。

リンク明石市、中学給食無償化へ 政令・中核市で全国初 来春、所得制限なし(神戸新聞NEXT)

2019年10月から開始している幼児教育・保育の無償化については内閣府の特設ページをどうぞ!

公式サイト幼児教育・保育の無償化はじまります。

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-まち
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.