【東京オリンピック2020】兵庫県の聖火ランナーが決定!明石たこ大使のさかなクンも!

投稿日:   6,179 views

2020年東京オリンピックの聖火リレーで兵庫県内を走るランナーの情報が一部公表されていました!

2020年東京オリンピックの聖火リレーで、兵庫県は17日、来年5月24、25日に県内を走るランナーに、08年北京五輪陸上銀メダリストの朝原宣治さん(47)=神戸市北区出身=や落語家笑福亭鶴瓶さん(67)=西宮市=ら40人と1団体を選出した。1964年東京五輪の聖火リレーで、悪天候のため走れなかった人たちでつくる「56年目のファーストランの会」もグループランナーとして選ばれた。

ほかに選出された著名人は、12年ロンドン五輪でバレーボール女子代表を銅メダルに導いた元監督の真鍋政義さん(56)=姫路市▽北京五輪に出場した元陸上選手の小林祐梨子さん(31)=小野市出身▽元プロテニス選手の沢松奈生子さん(46)=西宮市出身▽お笑いタレントの陣内智則さん(45)=加古川市出身▽タレントで明石たこ大使のさかなクンなど。

リンク五輪聖火リレー 兵庫のランナーに朝原さん、鶴瓶さんら(神戸新聞NEXT)

神戸新聞NEXTの記事内で紹介されていたランナーは以下の通り!

  • 朝原宣治さん(08年北京五輪陸上銀メダリスト)
  • 笑福亭鶴瓶さん(落語家)
  • 真鍋政義さん(元バレーボール女子代表監督)
  • 小林祐梨子さん(元陸上選手)
  • 沢松奈生子さん(元プロテニス選手)
  • 陣内智則さん(お笑いタレント)
  • さかなクン(明石たこ大使)
  • 56年目のファーストランの会(グループランナー)

県内を走る聖火ランナーは180人の想定。そのうちスポンサー枠や県・市推薦分を除く公募27人枠には6070人が応募し、倍率は全国最高の224・8倍になった。

兵庫県の聖火リレーは、豊岡市から出発し、姫路市で1日目のセレブレーションを実施。2日目は、神戸市から県南部をリレーし丹波篠山市でセレブレーションが実施されます。公式サイトには詳細のルート・スケジュールが掲載されており、明石市は2日目の2020年5月25日(月)に「明石市立天文科学館前」を出発し、「大蔵海岸公園こども広場北側ロータリー」に到着予定の予定です。

公式サイト兵庫県|東京2020オリンピック聖火リレー

ヤフーニュースで主な聖火ランナーが紹介されて記事を見つけましたので、興味がある方はどうぞ!

リンクさかなクン兵庫、のんは岩手/主な聖火ランナー一覧

明石の大使に関してはこちらの記事をどうぞ!

関連リンク
明石の大使まとめ!【明石ふるさと大使・明石たこ大使・明石こども大使・明石本のまち大使】
ということで、明石市の様々な「大使」の情報をまとめてみました! 明石ふるさと大使 浦上 浩(2012年10月~) 料理人。「割烹 石和川(いわかわ)

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-まち

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2020 All Rights Reserved.