【2024年】関西(近畿地方)の梅雨入り・梅雨明けはいつごろ?過去データ

2024年の関西(近畿地方)の 梅雨入り・梅雨明け っていつごろなんだろう?と気になったので調べてみました!

梅雨といえば雨!雨といえば傘!傘と言えば相合傘!傘を忘れちゃった彼女と相合傘で下校とかいいよね!

まさや

僕の人生ではそんなイベント一切発生しなかったけど!!

こまさん

GWは比較的に天気に恵まれていますね!

あわせて読みたい
【2024】明石周辺のGWイベント情報まとめ!【ゴールデンウィーク】 2024年5月2日(土)8:00更新しました ゴールデンなウィークだー! 連休は楽しみワクワクイベントいっぱい! そんなこんなで2024年のゴールデンウィークくらい(2024年4...
もくじ

2024年の関西(近畿地方)の梅雨入り・梅雨明け日程は?

2024年近畿地方梅雨入り

未発表
平年は6月6日ごろ

2024年近畿地方梅雨明け

未発表
平年は7月19日ごろ

年によって誤差はありますが近畿地方(関西)の梅雨入りは概ね6月上旬頃が多いようです(平年6月6日)。近畿地方(関西)の梅雨明けは夏休みに入るタイミング(7月中旬頃)が多いですね

2024年の関西(近畿地方)の梅雨入り・梅雨明け情報

沖縄・奄美が梅雨入り平年より遅め

2024年5月21日(水)に気象庁は沖縄・奄美地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。沖縄では平年より11日遅く、奄美では平年より9日遅い梅雨入りとなりました

気象庁は、今日21日、沖縄・奄美地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。沖縄では平年より11日遅く、奄美では平年より9日遅い梅雨入りです。今年も長雨の季節が始まりました。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、この梅雨入りの発表は速報値です。秋に再検討され、見直されることがあります。

沖縄・奄美地方が梅雨入り 沖縄は平年より11日遅く 奄美は平年より9日遅く(気象予報士 日直主任 2024年05月21日) – 日本気象協会 tenki.jp

2024年5月20日(火)の状況

2024年5月20日(火)に日本気象協会が発表した「梅雨入り予想」によると、全国的に平年並みとなっていた4月末の予想から変化し、梅雨入りが平年より遅めとされています。気になる 近畿地方の梅雨入りは6月中旬 と予想されています

日本気象協会 tenki.jp

最新の日本気象協会の梅雨入り予想では、九州南部も5月下旬に梅雨入りとなるでしょう。そのほかの地方も5月下旬は「梅雨のはしり」となる可能性があります。

6月上旬には、梅雨前線は沖縄付近に停滞し、本州付近は高気圧に覆われる日が多い見込みです。6月中旬になると、前線が本州まで北上し、九州北部から関東甲信、東北で続々と梅雨入りとなるでしょう。

沖縄や奄美は明日21日に梅雨入りか 関東甲信など本州は6月中旬に続々と雨の季節へ(気象予報士 中川 裕美子 2024年05月20日) – 日本気象協会 tenki.jp

2024年4月25日(木)の状況

GW前の2024年4月25日(木)に日本気象協会が発表した「梅雨入り予想」によると今年の梅雨入りは 平年並みか早い予想 となっていました。気になる 近畿地方の梅雨入りは6月上旬 と予想されています

日本気象協会 tenki.jp

今年の梅雨入りは、沖縄・奄美は「5月中旬」で、平年並みか遅い見込みです。沖縄・奄美は、現時点で梅雨のような気圧配置となっていますが、連休後半には、いったん前線が離れるため、前線が停滞しやすくなる連休後の「5月中旬」に梅雨入りと予想します。

九州から東北は「平年並み」でしょう。九州南部は「5月下旬」、九州北部、中国、四国、近畿、東海、関東甲信は「6月上旬」、北陸、東北は「6月中旬」梅雨入りとなるでしょう。

今年の梅雨は、暖かく湿った空気が太平洋高気圧の縁を回って、日本付近にいつも以上に流れ込みやすくなるという特徴があります。降水量が多くなることが予想されるため、雨の備えを早めに行うように心がけてください。

日本気象協会 梅雨入り予想 広く「平年並み」の梅雨入り 早めに大雨の備えを(気象予報士 石榑 亜紀子 2024年04月25日) – 日本気象協会 tenki.jp

各地の梅雨入り状況はこちらから!

ちなみに、wikipediaによると、関西地方の定義は、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の2府4県。近畿地方の定義は、大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県2府5県です。このページのデータは気象庁の「近畿地方のデータ」を参考にしています!

近畿地方の梅雨入り・梅雨明けデータ

近畿地方の梅雨入りはいつ頃?

近畿地方の梅雨入りに関しては 平年で6月6日頃昨年は5月29日頃 で早めでした。過去には2019年が6月26日頃の梅雨入りで1951年以降最も遅い梅雨入りとなっていました。気象庁の1951年からのデータで最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃でした

近畿地方の梅雨明けはいつ頃?

近畿地方の梅雨明けに関しては 平年で7月19日頃昨年は7月16日頃 となっています。気象庁の1951年からのデータで最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃で、最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした

過去の梅雨入りと梅雨明け(確定値)

梅雨入り梅雨明け
2000年6月9日ごろ7月18日ごろ
2001年6月5日ごろ7月19日ごろ
2002年6月11日ごろ7月20日ごろ
2003年6月10日ごろ8月 1日ごろ
2004年6月6日ごろ7月13日ごろ
2005年6月11日ごろ7月18日ごろ
2006年6月8日ごろ7月27日ごろ
2007年6月14日ごろ7月24日ごろ
2008年5月28日ごろ7月12日ごろ
2009年6月3日ごろ8月 3日ごろ
2010年6月13日ごろ7月17日ごろ
2011年5月22日ごろ7月 8日ごろ
2012年6月8日ごろ7月16日ごろ
2013年5月27日ごろ7月 8日ごろ
2014年6月3日ごろ7月20日ごろ
2015年6月3日ごろ7月24日ごろ
2016年6月4日ごろ7月18日ごろ
2017年6月20日ごろ7月13日ごろ
2018年6月5日ごろ7月 9日ごろ
2019年6月26日ごろ7月24日ごろ
2020年6月10日ごろ8月1日ごろ
2021年6月12日ごろ7月17日ごろ
2022年6月14日ごろ6月28日ごろ
2023年5月29日ごろ7月16日ごろ
平 年6月6日ごろ7月19日ごろ

気象庁のサイトでは昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)が掲載されています

明石市の気候

明石市は、温暖で雨が少なく、年間の日照時間が2196.1時間で、県内2番目に晴れの日が多いのが特徴です。おおよその最高気温が33度から35度、最低気温がマイナス6度から4度で、年間の平均気温は14度から15度、年間降水量も1000ミリ程度と快適に住むことができる土地です。

あかしってどんなまち?/明石市

まとめ

今までの梅雨入り・梅雨明け情報はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ