おでかけ

【緊急事態宣言により開始時期未定】大蔵海岸の西側に「自然観察ゾーン」と「(仮称)自然観察センター」が設置されるみたい!

2021年4月29日

追記:2021年4月29日(木・祝)に運用開始予定でしたが、緊急事態宣言の発令により開始時期は未定となっています
※ご担当者の方からご連絡を頂きました

令和3年4月29日(木・祝)に運営開始予定の「自然観察センター」は、新型コロナウイルス感染症に係る「緊急事態宣言」発令に伴い延期とさせて頂きます。開始についても現在未定となっております。
ご理解下さいますようお願い申し上げます。

「自然観察センター」延期のお知らせ

大蔵海岸の西側にある磯浜に「自然観察ゾーン」「(仮称)自然観察センター」という施設が設置されます!

広報あかし 2021年(令和3年)4月1日

運用開始はGWが始まる2021年4月29日(木・祝)からとされています。基本的には土・日・祝が運営日になるとのこと。春休み・夏休み期間中は運営日を増やす予定で、平日及び冬季の運営は利用状
況等を見て検討するそう

自然観察ゾーン

「自然観察ゾーン」は磯浜に箱型のタイドプール(潮の干満を利用した人工の潮だまり)を設置し、その中に砂や石を配置することで、多様な生き物を観察できるようにするとのこと

「(仮称)自然観察センター」は現在の中央休憩所を活用し、観察資材の無料貸し出しが行われるほか、図鑑や机等も設置されるそう

東側にはシャワーが設置されていました

〇 ガイドを配置し、バケツ、網、箱メガネ、ライフジャケットなど観察資材を無料で貸し出します。
〇 図鑑や机等を設置し、子供たちが見たり捕まえたりした生き物をその場で調べることができるようにします。
〇 ガイドが安全な観察方法や資材の使い方をアドバイスするとともに、調べものをお手伝いします。水族館等との連携も予定しています。

詳細はPDFの資料をご確認ください!

ちなみに「大蔵海岸の遊歩道 から見る 大蔵海岸と明石海峡大橋」は平成30年度に実施された県政150周年記念事業「ひょうごの景観ビューポイント150選」に選ばれており、記念プレートが設置されています!

明石市のビューポイントとして掲載されているのは以下の4箇所です!

  • JR 明石駅のホーム から見る 明石城
  • 大蔵海岸の遊歩道 から見る 大蔵海岸と明石海峡大橋
  • 江井島海岸の遊歩道 から見る ヤシの木と明石海峡
  • 明石城「櫓の間」にある展望台 から見る 櫓と明石駅南の再開発ビル群

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人
blank

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。具体的には神戸市西区岩岡町。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成。

-おでかけ
-,