おでかけ 体験・やってみた

【明石海峡大橋クルーズ】明石海峡大橋に最接近する大迫力のクルーズに行ってきた!【前編】

6,595 views

明石海峡大橋を渡って淡路島へ!

淡路島は近いけど遠出感があって好き!基本インドアだけど旅行は好きな こまさん です!

今回は淡路島北部にある岩屋港から出港し、明石海峡大橋に最接近する大迫力のクルーズ「明石海峡大橋クルーズ」に行ってまいります!

明石海峡大橋クルーズはうずしおクルーズをコア業務として南あわじ市福良を中心に観光を通じた地域発展を目指して事業展開してきたジョイポート淡路島株式会社 (旧:ジョイポート南淡路株式会社)が2021年に「淡路花博20周年記念 花みどりフェア」の関連イベントとして、淡路交流の翼港(淡路市夢舞台)を発着点に明石海峡クルーズを実施した時に始まったものです!

今回は2022年7月15日(金)~8月30日(火)のあいだ小学生以下の乗船が無料になる「夏休み応援キャンペーン!」に行ってきました!

まさや

やってきました岩屋港!

乗船場所は2012年廃止の旧明石淡路フェリー(愛称・たこフェリー)で使われていた兵庫県淡路市岩屋の乗り場となっています

こまさん

乗船までに時間に余裕のある時は岩屋港の一角にある「淡路島タコステ」や、近隣にある「道の駅あわじ」を覗いてみるのもオススメ!

クルーズは岩屋港(淡路島タコステ前)発着の約75分で、明石海峡大橋の真下をくぐってハローキティスマイルの近くでUターンするコースとなっています。運行時間は11:00・13:30・15:30の1日3便で、水・木曜日が運休となっています!

こちらは発券所とスタンプラリーイベントの受付となっており、WEB予約をされた場合でもチケットの発券が必要となります

こまさん

QRコードをスキャンするタイプの発券機で事前にチケットを発券。WEB予約をしておくと200円お得ですよー!(お得をひろめ隊)

キャンペーン中は宝探しスタンプラリーが開催されており、岩屋港周辺と船内にある合計5つのスタンプを集めると缶バッジがプレゼントされます!

スタンプは岩屋港周辺に4つ、船内に1つあり、ヒントを元に探します!

ちびこま

僕がスタンプするのよー!あれ?あっちの宝箱スタンプが無いー!

こまさん

あっちはハズレだね!乗船まであとちょっと急いで探そー!

また、イベント期間中は1日1回15:00から降雪機で人工雪を降らせる「真夏のスノータイム」が実施されます!

こまさん

いただいたキャンペーンの案内うちわで必死に雪を集めようとしていました!

ちびこま

雪取れなかったけど冷たかった!またしようね!

ちびこまご本人は気づいてないけど首筋に雪が積もってました。すぐに乾くけど汗もかくからお着替えがあってもいいかもです!

時間まではタコステで島グルメやお土産めぐり!

ちなみに、明石海峡大橋クルーズは乗船の際にタコステや道の駅「あわじ」で買った淡路島スイーツや、ホットスナック等の持ち込みもOKとのこと!

こまさん

船の上で優雅にスイーツもいいわね・・・お船に持っていって食べる??

ちびこま

やなのー。緑のかき氷今食べるのー!モグモグおいしー!

今あるものは今食べたいお子さま心

そうこうしていると今回乗船する「咸臨丸(かんりんまる)」が帰ってきました!

この咸臨丸はオランダで建通され勝海舟によって日本人ではじめて太平洋横断しアメリカへ渡った蒸気帆船の勇姿を復元したもので、ノスタルジックな佇まいに魅入られます

こまさん

かっこいい・・・なんていうかシックでかっこいい!(語彙力皆無)

体温チェックとアルコール除菌、除菌ティッシュを頂いていざ乗船!

今回のクルーズでは明石海峡大橋を真下から見上げた後、淡路島西海岸にある「ハローキティスマイル」付近まで周遊するコースとなっています。乗船してからは後編をお楽しみに!

こまさん

見所が多過ぎて長くなったので前後編に分けさせてもらいました!

DATA

2021.7.16

明石海峡大橋クルーズ

淡路市営業所:〒656-2401 淡路市岩屋1414-3
電話番号:0120-587-700
公式HP:https://awajisima-cruise.com/

※内容は記事作成時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合があります

-おでかけ, 体験・やってみた
-, , , , , , , , ,