スマスイ民営化情報!須磨海浜公園一帯再整備で2024年3月にグランドオープン予定!

投稿日:   3,480 views

以前からチラホラと情報が出てきている「神戸市立須磨海浜水族園」民営化についてですが、株式会社サンケイビルを中心とするグループが「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」の優先交渉権者に選定されたそうです!

神戸市は12日、市立須磨海浜水族園(同市須磨区)など須磨海浜公園一帯を再整備・運営する民間事業者について、不動産開発会社をはじめ、ホテルや水族館の運営会社など7社で構成する企業グループを優先交渉権者に決めた、と発表した。提案では、全ての施設を建て替え、水族館には西日本唯一のシャチを展示する。新設ホテル内には日本初のイルカとの触れ合いエリアを設ける。工事は2021年度に開始し、23年度末の全面開業を目指す。

リンク新スマスイ主役はシャチ 神戸・須磨海浜公園一帯の再整備(神戸新聞NEXT)

グループ名:神戸須磨Parks + Resorts共同事業体
代表構成団体:株式会社サンケイビル
構成団体:三菱倉庫株式会社、JR西日本不動産開発株式会社、株式会社竹中工務店、芙蓉総合リース株式会社、阪神電気鉄道株式会社、株式会社グランビスタ ホテル&リゾート

公式サイト須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業 優先交渉権者(設置等予定者)の決定

神戸新聞NEXTで発表されているスケジュールでは2021年4月から水族館本館以外の施設の解体工事が始まり、2023年5月に水族館が完全閉園。2024年3月に水族館・ホテルが開業予定とされています。

同時に発表された事業イメージはこんな感じ!

気になるのは料金の部分。提案書に書かれた内容では“大人3,100円・小人1,800円”と中々の値上げっぷり・・・地元民が気軽に行ける水族館では無くなってしまうのは少しさみしいところ!

神戸市の「須磨海浜水族園・海浜公園の再整備」に関するページはこちら!

公式サイト須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者兼雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-ニュース
-, ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.