JR神戸線の建設中新駅「摩耶駅」で足場倒壊事故が発生した模様

ニュース 2016/03/20

この記事は約2分で読めます。 まさや

JRをご利用の方はご注意ください!

10:06運転再開した模様
▶ JR神戸線運転再開 新駅足場倒壊事故

11日の午後1時ごろ、神戸市灘区のJR神戸線「六甲道」-「灘間」にある建設中の新駅「摩耶駅」で、下り快速電車の運転士が、線路内に鉄板のようなものがあるのを見つけ、緊急停車をしました。消防によりますと、乗客の1人が顔を打って軽いけがをしたということです。

この影響で、JR神戸線は甲子園口-西明石間で上下線とも運転を見合わせており、区間内で約20本が停車している。同日午後1時25分から、振替輸送を実施しているとのこと。

JR西日本は11日午後4時現在も甲子園口-西明石間で運転を見合わせており、運転再開は午後8時ごろになる見込みだそうです。

午後9時半までに、崩落した足場はすべて撤去されたようですが、線路の点検などが必要なため運転再開はさらに午後10時半ごろにずれ込むそうです。

▶ JRの建設中の駅で足場崩れる 神戸(NHKニュース)

▶ JR新駅足場倒壊 乗客800人停止車両から下車(神戸新聞NEXT)
▶ JR建設中の新駅で足場倒壊 神戸線六甲道-灘間(神戸新聞NEXT)
▶ JR神戸線 運転再開は午後8時の見込み
▶ JR新駅足場倒壊 乗客6人体調不良訴え

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.