国道176号が2ヶ月半ぶりに開通!【新名神高速道路有馬川橋橋桁落下事故】

ニュース

この記事は約2分で読めます。 まさや

神戸市北区道場町平田の新名神高速道路建設現場で4月に建設工事中の橋桁が落下し、作業員10人が死傷した事故で国道176号線を塞いでいた橋桁の撤去や復旧工事が完了し、通行止めが2016年7月9日午前0時に解除されました。事故発生から約2ヶ月半ぶりとなります。

公式サイト新名神高速道路の工事現場事故による国道176号の通行止め解除について(NEXCO西日本)

b_09267130橋桁落下の国道176号 2カ月半ぶり開通(神戸新聞NEXT)

神戸新聞のニュースでは時間に合わせて交通規制を示す看板などが撤去されたとのこと。また、通行止め解消に伴って迂回路だった高速道路の一部無料開放は終了したそうです。通行止めの為、運休していた阪神バスの路線は2016年7月9日(土)の始発から再開するとのこと。

撤去工事が開始したのは2016年5月13日でしたので、2ヶ月予定とのことでしたので概ね予定通りの工事完了でしょうか。

関連リンク落下橋桁撤去工事開始。176復旧に2ヶ月予定

西日本高速道路株式会社は落下しなかった橋桁東側なども撤去予定にしているが、まだ作業に着手しておらず、今後の撤去の時期や方法について検討するそうです。

関連リンク「新名神高速道路有馬川橋橋桁落下事故」に関する記事一

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市の地域情報サイト , 2017 AllRights Reserved.