第二神明などが2019年4月から距離制の新料金に!

投稿日:

近畿圏の高速道路における料金体系の整理・統一にあたり、2019年4月1日(月)0:00から通行料金が変更 されます!

ただし、距離制とした場合の値上げ幅が大きいため当面は兵庫県と神戸市・明石市が要望していた激変緩和のための料金が適用されるとのこと。大蔵谷・伊川谷・永井谷の3カ所には2020年度以降料金所が新設されるようです。

自動料金収受システム(ETC)搭載の普通車の場合、明石西-須磨は現行の320円が距離制料金で900円に上がる。このため、4月1日からの新料金は上限の480円にとどめる。現行で無料の玉津-大蔵谷は新料金では150円となる。一方、明石西-大久保の新料金は現行の110円に据え置き、長坂-須磨は現行210円から200円に下がる。

 新料金への移行に伴い、2020年度以降、大蔵谷(神戸市西区)、伊川谷(同)、永井谷(同)の3カ所に料金所を新設する予定。

リンク第二神明など新料金に 明石西-須磨480円に値上げ(神戸新聞NEXT)

その他詳細に関しましてはNEXCO西日本ホームページでご確認ください!

公式サイト平成31年春からの近畿圏の新たな高速道路料金について

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まさや

まさや

明石じゃーなるの運営者件雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-ニュース
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.