竹中大工道具館で「アニメーションにみる日本建築 -ジブリの立体建造物展より-」が2月24日から開催!

投稿日:   2,088 views

大工道具博物館・竹中大工道具館で「アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー」が2018年2月24日(土)~5月6日(日)まで開催されます!

日本が世界に誇るアニメーションの文化。その中で日本の伝統建築はどのように描かれてきたのでしょうか。
スタジオジブリのアニメーション作品にはドラマが起こる舞台として、たくさんの日本建築が登場します。本展覧会では、本館が展示協力として携わった「ジブリの立体建造物展」から、「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などに登場する日本の建築を採り上げ、建築史家・藤森照信氏の監修により紹介します。作品に登場する建物に関連する背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料(複製)を公開するほか、「となりのトトロ」に登場する草壁家住宅を一部、立体で表現し、その設計の源に触れます。 

公式サイトアニメーションにみる日本建築 -ジブリの立体建造物展より-

また会期中には春休み子ども体験教室「昭和30年代のおもちゃをつくろう!」と題して、木製ゴム鉄砲や水鉄砲、やじろべえなどを作るワークショップや、コマ・竹馬などで遊ぶことができるイベントも行われます!

ワークショップに関しては事前申し込みが必要ですので公式サイトを要チェック!

公式サイト春休み子ども体験教室 「昭和30年代のおもちゃをつくろう!」

アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー

※ 掲載内容は時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

開催日
2018年2月24日(土)~5月6日(日)
開催時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
料金
一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円
住所
〒651-0056
神戸市中央区熊内町7-5-1 竹中大工道具館
関連リンク
公式サイト

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

まさや

明石じゃーなるの運営者件雑用係で実は神戸市西区出身。市が違うため徒歩10分程度の明石市の小学校に行けず、徒歩1時間弱の小学校に通っていた悲しき過去を持つ。のちに高校は明石高校に進学し明石デビューを達成しました。

-イベント
-, , ,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.