すごい迫力!明石浦漁協でセリを見学してきた!

投稿日:   4,713 views

明石市に生まれて30ウン年・・・!

明石の名産品の宝庫であり市民憧れの明石浦漁業協同組合明石浦共販所におじゃましてきた こまさん です!

こまさん
うれしぃなぁ〜♪うぅれしぃなぁ♪

漁協初体験なので事前準備としては「明石浦漁業協同組合」の公式ホームページと月刊ヤングマガジンで掲載中の高田サンコ先生の「海めし物語」を熟読しました!

海めし物語 第15話

関連リンク
月刊ヤングマガジンで連載中の「海めし物語」で明石浦漁協の桜鯛が取り上げられてる!
現在発売中の月刊ヤングマガジンで連載中の「海めし物語」で明石浦漁協の桜鯛が取り上げられています! https://twitter.com/3coT/status/8878
まさや
明石浦漁協のお話はまだ単行本化されていないので月間ヤングマガジン本誌を持参

そして、今回のナビゲーターは明石浦漁協の吉谷さん!

明石浦漁協の吉谷さん

こまさん
高身長爽やかイケメンだわ!
まさや
吉谷さんは先程の「海めし物語」でもナビゲート役で登場してましたね!

明石浦漁業協同組合

明石浦漁業協同組合、略して明石浦漁協の特徴といえばやっぱりこの生け簀!

吉谷さん
明石浦でのセリは「活魚」が基本で、生きているものはセリまで生かしたまま扱います!
まさや
だから魚臭さが少ないんですね!

生きているから鮮度が良いというのは簡単ですが、獲った魚を生きたまま扱うのはやっぱり大変で漁師さんはそれぞれ工夫して運んでいるそうです!

吉谷さん
今の時間帯はちょうどセリをやっていますよ!

明石浦漁協のセリ

明石浦漁協でのセリは午前11:30スタート!お昼に始まるので明石浦の魚を「昼網」と呼ぶ所以になっています!

明石海峡(明石~加古川沿岸から南方へ淡路西淡町付近までと大阪湾)の決まった地域からのみセリにかけられ、“買参権”を取得した卸売業者のみがセリに参加することが可能。

こまさん
おぉぉぉ!すごいスピードで魚がセリにかけられていく!
まさや
鯛は他の魚と違ってカゴから出して台にのせて見せるんですか?
吉谷さん
鯛は最初に背中を見て判断するので買手に見えるように出します。扱いは魚の種類によって違いますよ!
まさや
なるほど!!

鯛の尻尾がビチビチ

吉谷さん
セリが終わった後、漁協が購入した魚は活け締めにします!
まさや
“漁協が”ということは明石浦漁協もセリに参加しているのですか?
吉谷さん
はい。他のセリ参加者と同じ立場で参加しています!

漁協で購入した魚は東京の築地市場や関西の市場に送られ、地元明石では「コープ」にも卸しているそう!

こまさん
(キョロキョロ)女性の方がすごく多いですよね
吉谷さん
明石浦ではセリの作業は漁師さんの奥さんの役目となっている場合が多く、全国で女性が一番多く働いている漁協と言われています!

こまさん
なるほど!漁業は男性職のイメージがありますが夫婦二人三脚なワケですね!素敵!

伝統の技”明石浦〆(じめ)”

明石浦漁協ではセリが終わった魚を脳死させ、血抜き・神経抜きを行います。これにより脳から細胞に“死んだ”という情報が伝わらず鮮度が保たれるとのこと!

一つ一つの工程が早すぎて写真がブレブレ(泣)雰囲気を感じて下さい!

神経抜き

脳死

他にも要所要所で動画を撮らせて頂いたりしましたが、スピードが早く中々分かり難くなってしまったので詳細は公式サイトをどうぞ!

公式サイト伝統の技”明石浦〆(じめ)”(明石浦漁業協同組合)

活き締めされ、明石浦漁協から出荷された魚たちは翌日午前3:00頃には東京築地市場に到着し、午前中のセリにかけられるそう!

まさや
多い時は漁協さんが購入する明石鯛だけで200~300kgにもなるのだとか!
こまさん
魚の品質をここまで追求するとはっ・・・すごい!としか言えません!

まとめ

明石に住んでいながら「明石の桜ダイや魚は美味くて有名」くらいのふわっとした認識でしたが、鮮度の維持のために最後まで妥協を許さぬ徹底ぶりを見学させて頂き、改めて明石の魚はすごいんだと実感できました!

こまさん
あ、あそこにいるのは漫画で見た“浜のかあちゃん”こと髙山さん!

海めし物語にも登場した吉谷さんと髙山さん

髙山さんは「海めし物語」で見たとおりサバサバ系の豪快なお姉さんでした!

吉谷さん
実は今年に入って明石浦漁協では海苔工場が新しくなって設備もすごいんですよ!
こまさん
それは是非見学したい!
まさや
次回も宜しくお願い致します!

公式サイト明石浦漁業協同組合

明石浦漁協ではクックパッドにも明石のまえもんを使ったレシピをアップされているのでぜひご覧ください!

公式サイト明石浦漁業協同組合のキッチン【クックパッド】

明石浦漁業協同組合 セリ市特別見学

明石浦漁協は基本的に一般人立入禁止ですが、明石観光協会を通して見学をすることが可能です!

  • 生きた魚の流通セリ
  • 明石のりの試食
  • 明石浦漁業協同組合での明石のりの販売

10名以上で一人600円。1日一組限定。詳しくは明石観光協会のHPをご確認下さい!

公式サイト明石浦漁業協同組合 セリ市特別見学<<要予約>>

おまけ

そうえいば漁港近くの「明石浦正」は飲食店としては珍しく買参権を持っており、直接明石浦漁協でのセリに参加しているそう!

帰りにお店の前を通ったので是非とも獲れたて鮮魚を味わいたいところでしたが、お財布の中身と相談した結果今回はお見送り。また、お祝い事のときにでも・・・!

公式サイト明石の寿司|明石浦漁港徒歩2分・漁港の寿司屋『明石浦正』

明石浦漁業協同組合

※ 掲載内容は時点での情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。

住所
〒673-0895
明石市岬町33-1 明石浦漁業協同組合
関連リンク
公式サイト

こちらも読まれています

明石の最新情報を
Facebookでお知らせ!

Twitter で明石じゃーなるを
  • この記事を書いた人

こまさん

明石じゃーなるのヒラライターで、主にパワー担当。幼いころから柔道をしており中学からは県外に出て名門学校でエンヤコラしてましたが体を壊し高校で引退。その後は関東に行ったり九州に行ったりしましたが、結局明石に帰ってきました系女子。

-やってみた
-,

現在一般記事のコメント投稿欄を閉鎖させていただいております。

Copyright© 明石じゃーなる - 明石市のゆるふわ地域情報サイト , 2019 All Rights Reserved.